○けい酸の特徴
とれ太郎のけい酸は水にほとんどとけず、根から出る弱い酸に触れて初めて溶けるので成分が流亡することなく、弱酸性の水田土壌(pH5〜6)でも溶解性が高い。