○とれ太郎のけい酸の効きが良い理由

○けい酸とりん酸・苦土・アルカリ分の配合割合がけい酸の溶解に最適です。(特許 登録番号 第3661748号)

○全ての原料を炉で熔融し、水で急冷することにより、成分同士の結合が弱く、ばらけやすい構造になっています。

○水には殆ど溶けない為流亡しにくく、根からでる弱い酸には翌く溶けます。